ごあいさつ

平成22年4月1日から蘇武先生の蘇医院を継承して開業いたしました。
山形県立中央病院で21年間消化器癌を中心に癌の診療に従事し、平成20年3月31日で退職しました。今までの経験を生かして地域医療に貢献いたします。
訪問診療を積極的に行っていきます。
べにばな内科クリニック院長 齋藤博

専門:内科一般、腫瘍内科、消化器、呼吸器、血液、緩和医療、東洋医学、心療内科、免疫療法、禁煙外来

齋藤博(さいとう ひろし) 経歴

北海道北見市で生まれ、宮城県に移動し小、中を気仙沼で過ごし高校は仙台、昭和47年3月に東北大学医学部を卒業、聖路加国際病院、国立がんセンター中央病院で研修しました。
東北大学第3内科に勤務、フランス癌免疫遺伝学研究所、パリ市民病院へ留学。昭和62年4月より山形県立中央病院で腫瘍内科医として、消化器癌を中心に肺がん、血液、原発不明がん等の癌化学療法に従事していました。